M&Aや事業承継、事業売却・譲渡など

経営不振・赤字でも売却できるのか?とお悩みの経営者様へ

どのような事業・店舗でも
売却の可能性は十分にあります。

会社売却の成功の鍵は大きく分けて2つあります。
1つは適切なタイミング、もう1つは適切な相手方です。

M&A・事業承継や、廃業・倒産についてお考えの場合はぜひ一度ご相談だけでもお気軽にお問い合わせください。

経営不振で現状赤字であったり、負債がある場合でも買い手側からすると魅力的な事業であることが多くあります。
もちろん経営状況や資産なども重要な要素ではありますが、売却する際に最も重要な点は「事業性」です。

例えば

   

など、買い手側から見れば魅力のある事業であることがあります。

つまり、現状の赤字や負債・資金繰りはさほど関係がなく、買い手様との条件さえ合えば、
どのような会社やお店であっても売却は可能であると考えております。

赤字での売却においての強み

当社は司法書士法人です。 M&Aの仲介として相手先を見つけるだけでなく、必要な手続きは全て対応可能です。
また、赤字での売却の場合は特に、事務所や店舗を一式での不動産の処理や債務整理など、 広範囲にわたってサポートさせていただけるのが当社の強みです。

赤字や負債がある場合でも、売却が完了すれば全てチャラになったり、手元にお金が残ることもございます。
倒産・廃業・売却などで迷っておられる経営者様はぜひ一度お気軽にご相談ください。ご質問だけでも歓迎いたします。

質問だけでも歓迎いたします。お電話・メールどちらでもお気軽にお問い合わせください。

最初のお電話は5分程度で女性スタッフが対応致します。お気軽にお電話ください。

最初のお電話は5分程度で女性スタッフが対応致します。
お気軽にお電話ください。

copyright© アーク司法書士事務所